ショタとパンツ(キャラクタートランクス)

好きなマンガやアニメのショタキャラを紹介しつつそのショタのパンツの情報、アニメ感想やときどきキャラクタートランクスやパンツ論について語るブログです。また当方が好きなキャラクタートランクスについても紹介していく予定です。

孫さん一家のパンツ事情(孫悟空 孫悟飯 孫悟天)

どうもこんばんはカケルです。今回は気まぐれですがドラゴンボール特集ということで、5月9日が 悟空の日ということが決まっているみたいなのですが、ネット上では5月8日 悟飯の日、5月10日は悟天の日というのが話題になっているみたいなので、今月はドラゴンボール月間ということで今まで温めていた記事も書いてみようと思います。

今回はこのブログでも紹介したこともありますが、主人公の悟空と息子の悟飯、悟天と自分なりに紹介できればと思います。


まずは主人公の悟空から
son goku-1  son goku-2

son goku-4  son goku-6

son goku-7  son goku-8

幼少期からトランクスを愛用している悟空くん。特にパンツにはコダワリはなさそうですね。

son goku-11  son goku-13

son goku-12  son goku-14

大人になると(フリーザ篇)では青トランクスになったりもしましたが・・・・・
son goku17  son goku-19

son goku-18  son goku-21

原作ではこちらはなぜか白トランクスに・・・・

個人的には原作の描写が好きなので白トランクス悟空萌えですね!!原作の方が絵も丁寧で色使いも個人的には好きですねー。
goku-gohan.jpg


原作のセル編では水色のトランクスが見られますが、アニメの手抜きっぽさがわかってしまいますwww
やっぱり原作の悟空の方がいいですね!!!



息子の悟飯に関しては幼少期から少年期、青年期と一番色んな成長が見られるキャラクターですね。ボクは一番セル編やボージャック篇の悟飯がすきですが・・・・

そんな悟飯のパンツもお父さんの影響からかトランクス派です。
gohan-26.jpg  gohan-27.jpg

gohan-28.jpg  gohan-40.jpg  gohan-41.jpg

goku-gohan.jpg

gohan.jpg

水色や青系をベースとしたトランクスを愛用している悟飯くん。一部白トランクスの描写もありましたが、基本的にお父さんと一緒みたいですね。

アニメオリジナルではブウ編ではくまちゃんパンツもありましたが、そちらは割愛したいと思います。

ドラゴンボールカラー版ですとフリーザ編もセル編も全く同じカラーリングということですが、そこら辺のツッコミはおいておきまして、クリリンも同じパンツなんですねwww

こちらも同じく原作の描写の方が好きですね!!


次に悟飯の弟 悟天

悟天くんは大人になればなるほどチャラくなってしまうのでいつまでも可愛いままの悟天くんでいてもらいたいですねwwwgohan25.jpg

見づらいですが、本当に小さい頃はトランクスくんとともに白トランクスを穿いていたみたいですね。トランクスくんのトランクスはややこしやwww


510.jpg

原作の悟天くんは水色のトランクス・・・・

道着の長袖+トランクス+ヘソチラ+無防備

と萌えが全部詰まっています。この1枚だけで最強の破壊力を誇りますね。寝ている無防備な悟天くん激萌えですね!!

goten-5101.jpg

トランクスくんの足をペロペロ舐める悟天くん萌えです。ランニングとトランクスがチラリと萌えすぎです。goten-5102.jpg  goten-5103.jpg

トランクスくんのグリーントランクスに目が行きがちなのですが、男らしくパンツ一丁でなく、ランニング+トランクスというシチュエーションに萌えます。

悟天くんのトランクスの隙間。色々危険です(笑)

goten-5105.jpg

goten-5106.jpg

goten-5104.jpg

そして、ドラゴンボールZよりも水色が強くなったドラゴンボール改での悟天くんのトランクス。このシーンはドラゴンボールのパンツシーンの中で


個人的ナンバーワンだと思います

寝てる無防備な悟天

ヘソチラ おまけにトラチラ

長袖萌え。

2枚めはトランクスから見える右足のスキマ・・・

無防備なおヘソとお口

3枚目は

トランクスのどアップ。隙間もヘソチラもなんのそのトランクスのどアップですよ!!

この水色の布の下には悟天くんの全てが詰まっているんですよーとずーっと心からの叫びが止まりません(笑)

ドラゴンボールのパンツシーンの中で最強だと思います。



son goku-1  goten-5105.jpg

こうつくづくみると親子だなーとおもいますが、年齢的に悟天の方がこの時の悟空よりも年下なんですよねwww


goten-5102.jpg  gohan-40.jpg


son goku17 510.jpg

親子、兄弟の血は争えないドラゴンボールの孫さん一家のパンツ事情でした!!
スポンサーサイト

デジモンアドベンチャー THE REAL WORLD

どうもこんばんはカケルです。すっかりゴールデンウィークも終わり通常モードになりました。ボクはというと、仕事仕事仕事でゴールデンウィークとは程遠い感じであまり休んだ気がしませんねwww


さてさてつかの間の休みを利用して東京へと行ってまいりました。目当ては

「デジモンアドベンチャー THE REAL WORLD」という簡単にいえばデジモン展がラフォーレ原宿でやっていたので行ってきました。

内容の割にチケットがお高いとかありましたが、やっぱりデジモン無印が大好きなボクとしてはというわけで行きました。

感想としてはまぁ値段の割には高いッスよね。それでも原画集(撮影禁止)だったりとか貴重なものもあり、デジモンに熱中していたあの時代を思い出しましたが、うんまぁ当日券でも前売りでもちょっと高いかなぁー。


グッズもとりあえずはパンフレットとクリアファイルだけ買ってきました。
IMG_3834.jpg


デジモンアドベンチャーtri.も第一章から第四章と見てきましたが、やっぱり違うな・・・と感じるんですよね。去年もデジアドフェスに行きましたが、やっぱり今更なんですが


デジモンアドベンチャーtri.のイベントであってデジモンアドベンチャー(無印)のイベントではない・・・


そうなんですよね。あくまでメインはtri.なんですよね。私が大人になったのか、単純に考え方が変わったのかわかりませんが、やっぱり声優さんの変更、キャラデザの変更などもあるんでしょうね。

tri.がダメなわけでは無いんですが、第一章から第四章まで見た感じだとだんだん面白くなくなってくるかなぁ。

第四章の手抜きっぷりとかうーん一回見ればご馳走様という感じでしょうかね。


あと2章で話をまとめることができるのか、それとも逆転ホームランですっげー面白くなるのかわかりませんが、今のところだとtri.はボクの中ではうーんないなぁーと。

今回のデジモンアドベンチャー THE REAL WORLDに行ってやっぱりボクは無印が大好きなんだ・・・・

あの頃の太一達だからいいんだ・・・・という改めて子供心に帰ることができました。

やっぱりデジモン無印は最高です!

フリートーク 第三回 萌えるシチュエーション 其の一

どうもこんにちはカケルです。今回は萌えるシチュエーションということでコレも昔から構想していた一つの企画なのです。

コレもベースとなる記事は約6年前ですか・・・・・

こちらも実はボクがパンツを語る上で絶対外せない光子郎に出会う前の話なんですね。

当時のコロコロコミックと言えば 「爆走兄弟レッツ&ゴー」が大人気のミニ四駆ブームでしたね。その同じ時代にコロコロコミックに掲載されていたマンガが「学級王ヤマザキ」というマンガです!!
                    ft-003-0.jpg

コレを見て懐かしいと感じるは世代がバレるかもしれませんね(笑)

とてつもなく下品なマンガで、ギャグもそうですが、「ウンチ」とか小学生が好きそうなものがまぁ出て来るわけなんですけどねwww

ちなみに原作のヤマザキくんはブリーフ派でしたね。

で、後におはスタで5分アニメ化されることになるのですが・・・・

今の子供が知らない

ポケモンショック

コレのおかげでアニメ前には「部屋を明るくしてテレビを見て下さい」だのテロップがつくようになりましたね(笑)

で、話がソレてしまいましたが、今もDVD/BD化されていない90年代アニメの中には掘り出し物もありますので、まだまだマニアックなものも有るのですよね。

実際にこの学級王ヤマザキもVHS化しかされておらず当時このパンツの話だけは覚えていてレンタル落ちのVHSを買ったんですよね。

肝心のヤマザキくんのパンツ(アニメではトランクス派)はアニメの

第51話/爆笑兄弟、炎の挑戦!

第52話/ヤマザキ少年探偵団・怪事件を追え!

で登場します。(アニメ全55話でわずか2話・・・・折角のトランクス派なのに ・゚・(。>Д<。)・゚・

この51話の方と言うのは当時「レッツ&ゴー MAX」という作品の主人公 一文字豪樹と一文字烈矢の兄弟をパロったキャラクターのケツ太郎とプー次郎という兄弟がヤマザキくんと対決をすることになります。

その時にヤマザキくんのライバル?友達?のはかまだ進之介くんの赤フンを持っていたわけなのですが、はかまだくんのフンドシを持っているということははかまだくんを倒した証という意味だったとヤマザキくんたちは捉えてしまい対決をすることに・・・

低レベルな争い繰り広げられ、勝負は引き分けになりました。

(そしてここからが本題です)

2人の兄弟とヤマザキくんがお互いの健闘を認めあったのですが次の瞬間にケツ太郎&プー次郎兄弟がヤマザキくんに襲いかかりました。
ft003-1.jpg

アニメでよくある手抜きのケンカですねwww

ft003-2.jpg

ft003-3.jpg

そしてその中からパンツ(トランクス)が中に舞って行きますが次の瞬間・・・・・・・!!ft003-4.jpg

ft003-6.jpg

ft003-5.jpg


いただきー!!


なんということでしょう。事あるごとに2人の兄弟はヤマザキくんのパンツを奪い取ってしまったのでした!

ft003-7.jpg

原作では白ブリ派だったのですが、こうグレーのようなブルーのような、コナンくんの半ズボンみたいな色をしております。

ヤマザキくんは王子なので王冠柄みたいな安直な感じかもしれませんがこういうB級的なパンツでも没個性的な単色トランクスと違う点は評価できると思います。

脱ぎたてのパンツをいただくなんて・・・・なんて・・・・とこれ以上は言えませんねwwww


相手のパンツを奪う!

この一言に全てが詰まっていると思います。


ft003-9.jpg

一応女子も悲鳴を上げているのですが、一人だけ隠しているようでガン見している女子いますけどwwww

ft003-10.jpg  ft003-11.jpg

パンツを奪われたヤマザキくんですが、ケツ太郎くんもこの後自分のフンドシをとります。


「パンツ交換だ受け取れ」「全力で戦ったもの通しの友情の証だよ」

ということではかまだくんのフンドシは同じくパンツ交換で受け取ったものというのがわかるのですが・・・・・

フンドシとトランクスの交換って・・・・・・・

で、この後ヤマザキくんのパンツはどうなるんでしょうかねwwww

兄弟2人で穿きっこするのか、普段穿きにフンドシ派がトランクスデビューするのか、大事に飾るのかはわかりませんがwww


で続く第52話/ヤマザキ少年探偵団・怪事件を追え!では遂にヤマザキくんがパンツを穿いているシーンがあるのですが宝石が怪盗に盗まれてシーンを再現しようとなるのですがそのシーンを再現した時にパンツをしてくれます。



yamazaki2.jpg

yamazaki3.jpg

yamazaki4.jpg

yamazaki5.jpg


後ろから前からあらゆるところからヤマザキくんのトランクスを披露してくれます。

ぶっちゃけヤマザキくん自体はそこまで良ショタとは思ってませんが、こういうパンツ披露シーンが衝撃的すぎたのが大きかったかもしれませんねwww

しかしまぁトランクスの下にパンツを穿いているのかわかりませんが、スパッツと生足のシーンとそれぞれ萌ポイントが変わるという方はボクと同じく通好みなのかもしれませんね(笑)



やはり51話のインパクトが当時のカケル少年には強すぎたみたいですね。


ヤマザキくんに襲った後の会話を脳内妄想してみました。 実際にヤマザキくんは 何すんねんワレ~と言っていました。


ケツ太郎:ケ
プー次郎:プ
ヤマザキ:ヤ

ケツ太郎とプー次郎 二人がヤマザキに対し飛びかかる。

ケ「プー次郎お前はそっちから抑えろ」  プ「うん。わかったよ兄ちゃん」

二人は慣れたコンビネーションプレイで抵抗するヤマザキの手足を巧みに動きを封じていく・・・・

靴と靴下とポイポイと脱ぎ捨てるケツ太郎はヤマザキのズボンに手を付ける

ケ(よし、次はズボンだ。このズボンはかなり脱ぎやすそうだな。)

と一瞬のうちにズボンを脱いでしまったケツ太郎
ケツ太郎はヤマザキのパンツが「トランクスだ」という余韻に浸る間もなく感情を押し殺しながらヤマザキのトランクスに手をかける。

ケ(普段自分たちの締めているフンドシやはかまだのときのフンドシとは違ってパンツはただ穿いているだけだからそのまま下げて行けば簡単に脱げるはずだ。よし脱がすぜっ!)

手や上半身はプー次郎が必死に抑えつけてくれているのでフンドシと違ってパンツを下ろすのはケツ太郎にとっては造作もないことだった。

ズルっ!!(パンツが脱げる音)

ヤ「な、なにすんねんワレ~って」
ケ「いただきーーー!!」yamazaki1.jpg



お粗末様でした。





天野 ケイゾウ(妖怪ウォッチ)

どうもこんばんはカケルです。今回は通常記事ということで、今更感がありますが妖怪ウォッチの映画を見ましたので天野ケイゾウくんを紹介しようと思います。

主人公ケータくんのじーちゃんということでもう色んな所で良ショタとして紹介されているので今更ボクが紹介する必要もないんですけどね(笑)

keizo-1.jpg  keizo-2.jpg

褐色の昭和ショタですね。手製の仮面が時代を感じさせますねwww


keizo-3.jpg  keizo-4.jpg

ランニングに長めの短パンそして下駄。やはり時代を感じます。


keizo-5.jpg  keizo-6.jpg

不器用なんだけど芯はしっかりしているんだなーと思いますね。年相応の少年らしさもあって、そりゃケータくんと合わせて人気なわけだ!!

keizo-7.jpg  keizo-8.jpg

keizo-9.jpg  keizo-11.jpg

時空を超えて、孫とじーちゃんがこういうふうに絡むのをみるとニヤニヤしてしまいますね。薄い本が沢山出るわけだwww

なんとなーくじいちゃんにグイグイ行かれて、ちょっと控えめなケータくんってところですかね!!
コロッケを食べるシーン萌えですね!

keizo-12.jpg  keizo-13.jpg

年相応にはしゃぐケイゾウくん。可愛らしいですね!!

keizo-14.jpg

ケイゾウくんも最初は内気な普通の少年だったんですねー。


keizo-15.jpg

この当時の歴史をみるとまだ白ブリーフすら普及していない時代だったみたいですので、大人はフンドシ、子供は猿股というのがあったみたいで、ケイゾウくんのパンツはブリーフでもトランクスでもフンドシでもなく猿股ということでOKですかね!?(笑)


keizo-16.jpg  keizo-17.jpg

本屋で立ち読みならぬ座り読みするケイゾウくん可愛らしいですねー。褐色肌とノースリーブなので腕と足が萌えですね!!

keizo-18.jpg  keizo-19.jpg

年齢相応の可愛らしさもあり良ショタのケイゾウくんです。


keizo-21.jpg  keizo-22.jpg

少年らしく涙も有り、妖怪ウォッチはケイゾウからケータに受け継がれていくんですねー。

keizo-20.jpg



フリートーク 第二回  泉光子郎

どうもこんばんはカケルです。今回はフリートーク第二回ということで このブログでも何度も紹介しておりますが、やはりボクの歴史においてこのキャラ無くしてはパンツにハマることはなかったと思わせてくれるキャラクターが「デジモンアドベンチャー」の泉光子郎くん。

昨年の8月においてはこれでもかというぐらい紹介させてもらいましたので詳しくはそちらを参照下さい。

2016年夏企画  其ノ六~デジモンアドベンチャー 泉 光子郎(完全版)~

多分一番好きなアニメは?と聞かれたら、やっぱり「デジモンアドベンチャー」と答えますし、多分子供の頃に受けた衝撃って大人になってからよりも何倍も大きいので、多分ボクがこれからも出会うアニメの中でも一番好きなアニメはデジモンアドベンチャーなんだと思います。

他のデジモンシリーズもそれぞれ良さがありますが、やっぱり無印には勝てないというのは個人的感想ではあります。(02が良い人もテイマーズが、フロンティアがセイバーズがクロスウォーズがアプモンがそれぞれ良いのはわかります)

一番好きなキャラクターが光子郎っていうのもありましたが、彼がトランクス派というのも大きかったのかもしれません(笑)

koshirop-1.jpg

最初はオレンジのブリーフかな。と思い込んでいたのですが、あとになってトランクスということに気づきましてそのギャップにヤラれてしまいました。

koshirop-3.jpg koshirop-4.jpg


koshirop-14.jpg

koshirop-16.jpg

koshirop-19.jpg

koshirop-21.jpg

koshirop-24.jpg

太一と光子郎 この2人が好きなのですが やっぱりどちらも好きなのですが分析すると

digimon-taichi6.jpg

digimon-koshiro7.jpg   digimon-koshiro8.jpg

・やんちゃでリーダー気質の太一がブリーフ派というところと(あとヤマトも)真面目や賢そうな光子郎(あと丈も)がトランクス派ということろのギャップ萌えというところが一番あるのかもしれません。

・次に太一とヤマトは5年生でブリーフ派。丈は真面目なキャラですが6年生だからトランクス派というのはまだ納得できます。

しかし光子郎は4年生。そして太一、ヤマトがトランクスなら分かるがまさかの光子郎がトランクス派というギャップ萌え


デジモンアドベンチャーtri.では光子郎は高校生になって今まではお母さんに服を買ってもらっていたというシーンがありますが、まぁコレは後付けの設定というのはわかりますが・・・・・・

光子郎のトランクスは本人ではなく親のチョイス!!

そう考えるのが理にかなっているのかなーと思います。

ただただ、本人がトランクスを気にいっているのか、サマーキャンプのために新しい下着にするのにトランクスを穿きはじめたのかはわかりませんが、少なくともアニメの制作の段階で光子郎をトランクス派にしたのはなにかしらの意図があったからではないでしょうか(笑)

02のブルーレイボックスの初回についていた設定資料集では光子郎は白ゴムのオレンジのトランクスでしたが、アニメの本放送では右の写真みたいにオレンジ一色になっています。

コレ、結構重要でゴムが白かオレンジかでも結構イメージって変わるもんだなーと思いました。

それだけキャラクターの穿いているパンツっていうのはボクみたいに需要がある人にとっては重要なんですよね(笑)

正直デジモンアドベンチャーは子どもたちの家族構成やそれぞれの悩みなんかも良く作られていたと思いますが

キャラクターのパンツ事情なんかも結構いい感じで反映されていたと思います。(光子郎がブリーフの方が良いという意見も見ますし、ボクは太一が青トランクスだったらいいなーと思っていた感じですから)

前途の通り太一がブリーフで光子郎がトランクスだったから与えられた衝撃も大きかったのかもしれませんね。

色んなことが重なって光子郎のトランクスというのはボクがパンツを好きになったキッカケの中でも最もインパクトがあるものになったと思います。

たかがパンツですがされどパンツ。それだけ光子郎のトランクスというのはボクの中で与えられた影響が大きすぎます。

というわけでボクがパンツを語る上で絶対に外せない泉光子郎くんを再び紹介してみました。オレンジトランクス最高!!